ロゴ

Detective.net

人探しの依頼に必要なこと~情報提供や費用に関することも確認~

生き別れの家族も探せる

何らかの理由で生き別れてしまった家族を探す方法は様々です。自分にやれることを全てやったからと言って諦めないでください。諦める前に探偵の力を借りてみましょう。どんな些細な情報でも構わないので調査員にはすべての情報を渡しておきましょう。過去の経験から素人では思いつかない観点で調べてくれることがあります。情報は多いに越したことはありません。

探偵と興信所の違いとは?

調査対象が異なる

探偵業務は依頼人が一個人の場合が多いです。調査対象も個人であることが多いでしょう。何らかのために調査対象のことを詳細に知りたいケースで探偵を雇います。一方、興信所は企業に対する調査が主です。自社の取引に関連する会社の信用調査によく使われます。調査員は調査対象者に身分を明かして調査することがほとんどなので詳細なデータはあまり得られません。

双方を担う会社も多い

探偵と興信所の働きには大きな違いがありますが、最近は総合探偵社として双方の業務を担う会社がほとんどです。得意不得意こそあれど、全く調べてもらえないことはめったにありません。もちろん両者ともに守秘義務を守ることや調査結果をきちんと伝えてもらえることも変わりありません。探偵と興信所の歴史から考えると人探しは探偵から始まった事務所の方が向いています。

人探しの依頼はどこにするべき?探偵と興信所の違いを理解しよう

虫眼鏡

人探しにかかる費用と期間の目安

料金は調査方法や関わる人数で大きく変動するため一概には言えません。人探しの相場は50万~70万とはいわますが、相場だけにとらわれずその料金の中に何が含まれているかを確認しましょう。一番もったいないのはお金をかけておきながら何の成果も得られないパターンです。成功報酬型とは違い、時間料金型で費用請求すると発生してしまうケースです。知らない間に高額の請求になっていることがあります。調査時間に上限を決めることや所定の内容の定期報告を得るなどして、探し人が見つからないにせよ何かしらの成果は得られるようにしておきましょう。交通費や録音テープ代など諸経費がかかることも仕方がありません。算出、精算の方法は契約時にきちんと確認をしておきましょう。

探していた人が見つかった時の対処方法

人探しをする目的は必ず探偵に伝えておきましょう。探していた人が見つかった時の対処法が変わります。借金返済が目的であれば、また雲隠れされる前に連絡を取る必要があります。生き別れた家族だとしたら事情も知らずに簡単に連絡は取れません。家族や友人の場合、いなくなったことには必ず理由があります。その理由もきちんと慮って行動する必要があります。新しい家族と新しい生活を始めているのなら極力壊さないように穏便な対応をすべきかもしれません。また、遺産相続のためだけであれば詳細を説明して文書で手続きを済ませることも可能です。覚えておくべきことは探されているほうが見つけてほしいとは限らないということです。探している側の都合だけを押し付けるのではなくいなくなった側の事情も鑑みましょう。

探偵社のお陰で大切な人が見つかった人達の喜びの声

懐かしい日々を振り返りました

恩師が亡くなったので高校時代の友人で集まり、偲ぶ会を開くことになりました。一人だけ連絡が取れなくなっておりましたが必須の一人だったために探偵さんをお願いして探していただきました。プロならではの調査方法で早急に見つけていただき、無事に全員出席で会を開くことができました。

生みの母に会えました

父が亡くなったのをきっかけにして生みの母に会いたいと思いました。生まれたのは30数年前で情報も限られていました。調べられるところは調べた後で途方に暮れており、最後の手段として調査員の方を頼りました。遠く離れたところにおり、少し時間がかかりましたが見つけていただき、夢の語らいの時間が持てました。

引っ越し後の恩師に会う

大学時代のゼミの教授に4,5年ご無沙汰してしまったところ、郵便が戻ってきてしまうようになりました。大学も定年退職された後の住まいは把握しておらず伝手がありません。友人も誰も知らず、心配な思いも手伝って探偵事務所にご無理を言いました。もともとのご実家周辺で恙なく暮らしておられると聞き、心から安心しました。

息子を見つけていただきました

大学卒業後、就職したはずの会社を辞めていたことが発覚しました。一人暮らしをしていたはずの部屋はすでに引っ越した後で息子と連絡が取れなくなりました。居ても立ってもいられずに探偵さんにお願いして息子を見つけていただきました。

友人の消息が分かりました

小学生から高校卒業まで12年一緒だった親友の連絡先を今となっては友人誰も知らないことが発覚しました。連絡を自ら断つタイプの人間ではないので何かあったかと気になり調査をお願いしました。見つけて話を聞いてみれば単なる偶然が重なってしまった結果と分かり、心底ほっとしました。

広告募集中