子供の将来を見据える|小学校受験に合格させよう

女の人

入試や就職試験の問題対策

原稿用紙

小論文は、入試や就職試験で頻出される問題の一つです。文章の終わりを揃えたり段落を分けて書く、論点がずれないように注意する、といった書き方の基本的なコツを覚えましょう。たくさん書いて練習し、小論文に慣れることが有効な対策方法です。

参考書と問題集

勉強

大学入試を突破するためには、よい参考書やよい問題集を用意し、大切に活用することが必要です。参考書には、様々なものがありますが、よい参考書をじっくりと選ぶことは大切です。複数の書店に行く、家族や先輩の意見を参考にする、という方法があります。また、過去問を集めたよい問題集を活用することも大変役に立ちます。

未来を見据えて

女の子

合格へのプロセス

小学校受験は、その名のとおり、私立や国立の小学校に入学するための試験です。幼稚園の歳の子が自分から受験を希望することはもちろんほとんどありません。多くが親のすすめによるものです。親がどのように上手に合格へ導いてあげるかが、小学校受験の一番のポイントです。小学校受験させる親は、一般的な保護者に比べ裕福な傾向があります。多くの場合、自分も小学校受験を経験しその良さを理解しているため、子どもも同じような学習環境を与えたいと受験させます。小学校受験の良さのメリットは色々とあります。まず私立であれば独自の教育方針がありますので、公立の学校の学習内容を越えた特色のある教育を受けさせることができます。一緒に学ぶ同級生も同じような境遇の子どもが自然と集まりますので、親子共々環境に馴染みやすくなります。私立でそのまま中学、高校、大学と進学していける場合には一貫した教育を受けられます。しっかりと学習していれば内部進学は難しくありません。その後受験する必要がありませんので、受験勉強以外の本当に学びたい学習に力を入れることができます。合格のためにはどんなことをすればいいのでしょうか。最近では、受験のスタイルもペーパーテスト形式から行動観察に力を入れた内容に変化してきています。行動観察では、その子どもが学校の校風に合っているか、また能力についても基準を満たしているかをチェックされます。色々なお手伝いや経験をさせてあげることがその子の成長にも受験対策にもなります。いずれにしても、人の話をしっかり聞けるということが基本になりますので、きちんと座って話をしている人の方を向く練習から始めましょう。

中高一貫校が人気

女の子

岡山では中高一貫校が増えており、これらの学校に入学するため、中学受験対策を行っている学習塾があります。毎年多くの合格者を出す学習塾は人気が高く、中学合格後に優先的に入塾できることも考えて、中学受験に臨む家庭があるほどです。